キッズモデルのオーディションを開催している事務所一覧

テアトルアカデミー
現場で必要な技術と礼儀作法が学べる!
レッスンを通して、プロとして撮影現場で必要なことをすべて学べます。

その他事務所一覧

キッズモデルのオーディション基本情報一覧

オーディションは基本的に無料で受けられる!

キッズモデルのオーディションには、ファッション雑誌等が主催する公募によるコンテスト、芸能事務所の新人募集、タレント養成所の新人募集、といったタイプがあります。いずれも基本的に無料で受けられます。
必要になる費用は、応募フォームに掲載する写真の写真代と、会場までの往復交通費だけです。

事務所オーディションは40~60%程度、一般公募オーディションは0.1%未満の合格率

キッズモデルの仕事をするためには、事務所か直系の養成所のオーディションに合格して所属生として仕事の紹介を受けるか、ファッションブランドやファッション誌の公募オーディションで選ばれるかのどちらかです。
事務所やスクール所属生として斡旋されたオーディションを受けるほうが合格率は高くなります。

所属生なら無料、スクール生なら有料

事務所所属のキッズモデルなら、レッスン料はたいてい無料です。
直系の養成所の場合、入所費用3~20万円程度、月謝が1~1万6千円程度になります。
一方、ファッションブランドなどの専属モデルの場合、月額およそ1万5千円ほど支払って、個別にレッスンを受ける場合もあるようです。
レッスン料の相場は各キッズモデル事務所一覧のページからご確認いただけます。

キッズモデルの仕事って?

花形はファッション誌のキッズモデル!

ティーン向けのファッション誌では、公募でキッズモデル募集オーディションをたびたび開催しています。芸能事務所や養成所からの推薦とオーディションを経て、所属生もプロとして一定数採用されています。
事務所やスクール所属生の実績としても大々的に取り上げられるファッション誌へのデビューはキッズモデルの憧れでしょう。

商品広告や企業CMなど、キッズモデルの仕事は様々

"商品広告の折り込みチラシ、カタログ、子供向けおもちゃの商品パッケージなど、あらゆる媒体でキッズモデルは活躍しています。
しかし、実際のところ、どれも一般公募のスタイルをとっていません。
こうした案件はすべて、依頼主から芸能事務所や養成所に届き、条件に見合う所属生に案内が出されます。
事務所やスクールに所属していると、キッズモデルの活躍の幅が広がります。

キッズモデルになるためにできること、3つの方法をおさえておこう!

芸能事務所または直系の育成スクールに所属する

キッズモデルになるための一番の近道といえば、芸能事務所や直系の養成所に所属して、事務所を通じてブランド広告やファッション誌のオーディションを受けることでしょう。
この方法であれば、モデルに必要な立ち居振る舞いやオーディションでの心構えなども学んでいるので、プロとして少なからず自信をもって臨むことができます。

一般公募オーディションに応募する

ファッション誌と芸能事務所などが協賛して開催する、コンテスト形式の一般公募オーディションでグランプリでもとれば、キッズモデルの夢が叶う最短コース<*/span>になります。芸能事務所に所属できる特典付きの場合もあり、その後の活動にも有利です。
しかし、こうした一般公募オーディションでグランプリを獲得できる確率はかなり低いので、リスキーな選択かもしれませんね。

読者モデルに応募する

ファッション誌では定期的に読者モデルを募集しています。このような企画に応募して運よく読者モデルに選ばれたら、その後専属モデルとして活躍できる可能性が出てきます。売れっ子専属モデルになれたら、その他のメディアでも仕事ができるようになるかもしれません。
読者モデルからプロのキッズモデルを目指す場合、読者モデルのうちはギャラが発生しないことをお忘れなく。

知識集~子役オーディションのヒント~