タレントになるには、どうすればいい?

テレビなどで活躍しているタレントを見て「自分も人気者になりたい!」と思う方は多いです。 では、タレントになるにはどうすればいいでしょうか? 今回は、タレントになる方法と、タレントとして活動するための大切な知識をお伝えします。

タレントオーディションを受ける前に知っておきたいポイント!

タレントとしてデビューするためには、スカウトに発掘される、養成所に通うなど様々な方法がありますが、オーディションを受けるのが一番の近道でしょう。 オーディションを受ける前に、以下のポイントを覚えておいてください。

・合格のポイントはずばり「個性」!

役者には演技力、歌手には歌唱力が求められるように、タレントには個性が何よりも求められます。 「饒舌(じょうぜつ)でトークが面白い」「変わった趣味がある」など、人と違った個性は魅力的に映るもの。 また、見た目も個性のひとつです。「体毛が濃い」「顔が大きい」など、コンプレックスに感じがちな見た目も、強力な武器になるでしょう。 まず、自分の個性とは何か、じっくり考えてみてください。

タレントとして活躍するために知っておきたい3つの知識

「タレントになりたい」と思っているものの、実際にタレントについて正確に理解をしている人は少ないです。 ここでは、タレントについて理解を深めるための、3つの知識をご紹介します。

1.タレントとは?

タレント(talent)とは、英語で「才能」や「技能」を意味し、日本では「才能ある人」「芸能人」という意味で使われるようになりました。 芸能人の中でも、俳優、モデル、芸人のように名称だけで専門分野がわかるわけではなく、むしろ職業分類がしづらい芸能人に対してタレントと呼ぶことが多いです。また、複数の専門分野にまたがり活動をしている人をマルチタレントと呼びます。

2.タレントの仕事とは?

主にテレビ番組やラジオ番組でのトークやコメント、時には司会など、発言を主とした仕事がメインです。 中でも特に活躍が目覚ましく好感度の高いタレントは、商品のCMに出演したり、雑誌の広告に載ったりと、企業の顔としてプロモーション活動を任されることがあります。 また、芸能活動で得た知名度を活かし、ファッションブランドや飲食店のプロデュースなどの副業を始めるタレントも多いです。 タレントの仕事内容は幅広く、各々の個性と知名度を活かした仕事全般と言えるでしょう。

3.タレントとして気を付けるべきこと

俳優は、その人だからこそできる演技があると世間で認められると、人気に左右されずともコンスタントに仕事を受けることができます。歌手の場合も同様で、作品と歌手自身の人柄は別だと考えられるケースが多いです。 しかし、商品PRや営業活動の多いタレントの場合は、好感度が仕事量に影響を与えることが多々あります。 なので、スキャンダルを避ける、言動に気を付けるなど、仕事以外の場でも普段から注意が必要です。

華やかに見えるタレントも、陰では大変な努力が必要!

自然体に見えるタレントですが、発言の影響力が大きい分、常日頃から言動に注意し、周りに気を配る必要があります。 自分自身をブランドだと思い、ふさわしい振舞いを心がけましょう。そうすれば、オーディションでもあなたの覚悟とやる気が伝わるはずです。 ただの夢で終わらせないためにも、常に具体的なイメージを持ち、夢を現実にしましょう!