子役オーディションで聞かれる質問を教えます

オーディションをまだ受けたことがない際は、どんな質問をされるのかわからないはずです。この記事ではオーディションで聞かれることについて具体的にお伝えします。

基本的な質問事項

ミュージカルやドラマのオーディションの子役オーディションでは、将来の夢や目標をはっきりと持って参加する子供が多くいます。そのような中でどのような点に注意をすれば審査員の心を打ち、合格に近づくのでしょうか。

面接では、自己PRでは志望動機、本人の性格、教育方針などがおもに問われます。 就職試験などでも同様ですが、面接官(審査員)は面接の対象者にどれだけのポテンシャルがあるのかを見ています。 将来の夢や目標がはっきりと答えられなかったり、具体性が見えてこないようでは審査員には伝わりません。審査員は仮に合格させればどれだけの熱意をもって取り組んでくれるのかという点についても判断したいため、自己PRの文章や面接時にも熱意を語れば審査員も心を打たれます。高い目標でもいいので、積極的にチャレンジしてくれそうだと思われるようアピールしましょう。

子供向けの質問

子役のオーディションの面接では様々なことについて質問をされます。 実際に、応募理由、将来の夢、性格、長所、短所、趣味、特技、憧れの芸能人などの質問がされます。 面接で気を付けることは、「きちんとコミュニケーションがとれるか」という点です。例えば、「好きなことはなんですか?」と聞かれたら、「歌が好きです」のように答え、面接官が次に「どんな歌が好きですか?」という回答です。 また、面接の時の態度については、お子さんだけではなく親の態度も見ているということも忘れてはいけません。

親向けの質問

子役オーディションでは付き添いの親に対する質問も、志望動機、子供の性格(長所・短所)、教育方針、子供の特徴、理想とする芸能人、どのように育ってほしいかなどの質問をされることが多く、中でも志望動機、子供の性格、教育方針は必ずと言っていいほど聞かれる項目です。答えは無難なもの、さし障りのないようなものではインパクトはありません。志望動機に関する回答なら、教育・指導のすばらしさ、講師陣の優秀さ、在校生の礼儀正しさなど具体的な内容に特化し答えることが重要です。

過去の失敗を尋ねられても、前向きな姿勢をアピールする

面接時の質問で、過去の失敗のことを聞かれることがあります。答えにくい質問ですが、どのように答えればいいのか、失敗をどのように捉えれば印象よく思われるのかについて紹介します。 例えば入社試験でも過去にどのような失敗をし、その結果どうなったのかと言うようなことを聞かれることがあります。このような時に一度失敗しても再挑戦するチャレンジ精神のある方や、失敗を決してネガティブにとらえず前向きに考える方は、入社後に活躍することが多いと考えられます。

子役オーディションも同様で、過去に失敗したことがあっても、正直に話し、その失敗から何を学び、次はどうしようと考えているのかということを伝えることが大切です。完璧な人間などいません。ましてや成長過程にあるお子さんなら失敗の連続であるともいえます。成功するためには失敗することと、それに負けない勇気を持つということが必要です。失敗を決してネガティブに考えず、逆にポジティブな材料にしましょう。 子役オーディションでよくある失敗についてはこちらの記事をご覧ください。

 https://kids-audition-antenna.com/columnlist/column09//

どんな質問にも動じない

子供とはいえ、少し難しい質問をする審査員もいます。そんな時でも動じずに、答えられるよう毎日練習をしておくことが合格への近道です。