子役オーディションの際に使える短時間の自己PRとは

志望動機と自己PRは、プロフィール写真の次に重要な部分です。 どのオーディションでも共通するような、通り一遍な志望動機や自己PRでは審査員の心をつかむことはできません。実際に使える自己PRをまとめていきます。

志望動機・自己PRの記載は、写真の次くらいに重要な要素

審査員が今何を求めているか、どんな人材を必要としているのかを事前に調べておくことは大切です。例えば審査員の関わった過去の作品を見る、その役や事務所に所属した時にやりたいことを、説得力をもって伝えられるようにしておきましょう。

また、自己PRは審査員に興味を持ってもらうためのものです。長々と羅列せず、特技に絞って個性をアピールした方が効果的です。面接時には受け答えはハキハキと、愛想よく振舞うようにしましょう。

オーディションで興味を持ってもらえるような志望動機や自己PRは、なぜこの役にふさわしいかをアピールしましょう。作品やオーディションのテーマをリサーチは必須です。 さらに日頃から礼儀やマナーを教えることは、オーディションを受ける子供を支える親の努力次第ともいえるでしょう。

事務所へ所属した後の将来を想像させるPR文面が良い

混同する方が多いのが自己紹介と自己PRの違いです。自己紹介とは名前、身長、出身、学校名、経歴、趣味などによってどんな人物なのかを「紹介」するものです。 一方自己PRは「売り込み」です。短い文面や時間の中でいかに子供を売り込むかが大切です。アピールポイントはある程度絞り込んだほうがよく、そのアピールポイントを将来どう伸ばしていきたいのか具体的に、明確に表現しましょう。 事務所のオーディションの際の自己PRは「事務所所属後に、特技をどう生かしていけるか」など将来を見据えた内容にすることがおすすめです。

どんな質問でもはきはきと答えられるようにする

子役のオーディションを合格するためには、どんな場面でもハキハキと答えられることが大切です。親が楽しみながら一緒に練習する事によって、面接での自己紹介もきちんとできるようになります。とにかく楽しい雰囲気で練習することによって子どもも緊張したり嫌になったりせずに身につけることができます。

また、オーディションに受かるためには、書類選考の自己PRも重要になります。特技や趣味、好きなものや経験したことなど、思い浮かばない場合は身近な家族などにいいところを聞いてみるのも手です。1分を目安に短い文章で分かりやすくまとめる事で評価も高くなります。

子役オーディションで聞かれる質問については、こちらの記事もご覧ください。  https://kids-audition-antenna.com/columnlist/shitsumon/

1つの特技に絞って具体的かつ簡潔にまとめると良い

子役タレントのオーディションでは短い時間で自己PRをすることが求められます。小さなお子さんがいきなり短い時間で完璧に自己PRをすることは大変なことです。そのため、ご両親が協力して簡潔で具体的な自己PRができるように練習しましょう。

子役タレントのオーディションでの自己PRの必勝ポイントは3つあります。

  • ①想像できない意外性のあるPRをする。
  • ②特技をエピソードとともに伝える
  • ③簡潔に表現する。

①では一般的な子供ではできない、意外な才能であればインパクトは大きくなります。 ②での特技は物マネでも手品でも何でもかまいません。その特技に関してのエピソードなども付け加えればより強みとなります。 ③では、書類審査の場合、あまりダラダラ書くと読む方も嫌になり、かえって内容が薄れます。この辺りのポイントに注意し,自己PRをまとめてみましょう。

伝えたいことをメインに考える

1分という時間は思った以上に短いものです。多くの子役をオーディションする審査員の目に止まるには、伝えたいことを明確にして挑むことです。特に芸能事務所のオーディションは、将来性のある子役を探しています。誠意が伝われば合格する可能性も高まります。