子役タレントになる方法は?

ドラマ、バラエティ番組、映画など、近年ますます活躍の幅を広げている子役タレント。 活躍の場が広がるにつれ、わが子を子役タレントにしたいと思う親も増えています。 では、自分の子供を子役タレントとしてデビューさせるにはどうすればいいでしょうか? 今回は、子役タレントとして活躍するために必要な知識をご紹介します!

子役タレントとしてデビューする際に大切なポイント!

子役タレントとして活躍するために、以下のポイントを常に念頭に置いてください。

・子役タレントに求められる資質は「子供らしさ」

自然体で子供らしいことが子役タレントとして活躍するために一番大切なポイントです。子役タレントは演技の仕事がメインなので、演技力を求められることはもちろんですが、あまりにも大人びた表現だと、子役の良さがなくなってしまいます。子供特有の愛らしさやあどけなさを自然に表現できることこそが、世間が子役タレントに魅了される最大の理由です。

子役タレントとして活動する際の、プロダクション選びのコツは?

有名な子役タレントのほとんどが芸能プロダクションに所属しています。 なぜなら、プロダクションに所属すると色々なオーディションを紹介してもらえるだけでなく、レッスンを通して表現力を身に着けることができるからです。 ですが「うちの子をプロダクションに所属させたい」と思っても、数が多すぎて迷ってしまいますよね。 ここでは、プロダクション選びの際に気を付けるポイントを3つご紹介します。

1.プロダクションの得意分野

CMの仕事が多い、映画の仕事が多い、モデルの仕事が多いなど、プロダクションによって得意な分野は異なります。 子役タレントとして、どのような仕事をさせたいかを意識して、所属している子役タレントや経歴をチェックしましょう。 「将来は、この子のような子役タレントになってほしい!」と思えるような、目標とできる子役タレントが所属しているかもプロダクション選びの目安のひとつですね。

2.かかる費用

プロダクションもひとつの会社です。利益をタレント活動でまかなえるのが理想でしょうが、なかなかそうもいかないプロダクションが多いです。ですから、所属費、レッスン費などがかかることがあります。 お子さんに投資をしたい気持ちもわかりますが、生活に無理の無い範囲で芸能活動をサポートしてくれる事務所を選びましょう。

3.スタッフと所属タレントの人数比

所属している子役タレントが多い事務所は、多くの人に認められて良さそうな印象がありますが、所属費目当てでオーディションを受けた人全員を合格させている可能性もあります。 そこで注目するポイントが、スタッフの人数です。所属している子役タレントの数に対して、マネージャーの数があまりにも少ないと、ひとりのマネージャーが多くのタレントの面倒を見ることになります。仕事を回してもらうためにも、あまりにも人数バランスが悪いプロダクションはおすすめしません。

お子さんが、のびのびと活動できるところを選んで!

今や芸能プロダクションは、新興の中小から老舗の大手まで、数えきれないほど存在します。 すべてのプロダクションを調べるのは不可能ですが、お子さんのやりたいことができるところに所属しなければ意味がありません。 迷ってしまった時は、実績のある大手プロダクションへの所属させるのが安心でしょう。お子さんの適正、希望を見極めて、最適な事務所に入所させてください。