売れている女の子の子役の、共通点とは?

「どんな名優も、子役には勝てない」そんな言葉をよく耳にしますね。 ベテラン俳優がどんなに優れた芝居をしても、共演する子役と比べたら叶わない、というのが芸能界の通説です。 谷花音ちゃん、鈴木梨央ちゃんや芦田愛菜ちゃんなど、大人顔負けの演技を披露し、子役がいなければ成り立たないような数々の名作が生まれました。 ここでは、今売れてる女の子の子役の共通点を探っていきたいと思います!

売れている女の子の子役には、とある共通点があった!

売れている女の子の子役の共通点とは、いったい何でしょうか? ここでは、4つの共通点を解明したいと思います!

1.子供らしさがある

「子供なのだから、子供らしいのは当たり前」と感じるかもしれませんが、現場という緊迫した状況下で子供らしくのびのび振舞える子は、そういないのではないでしょうか? ですがこの「子供らしさ」が見るものを惹きつける、子役の最大の魅力なのです。 子供らしい奔放さこそが、子役が現場で求められる最大の要素でしょう。

2.ルールを守れること

現場で活躍している子役は、いくつものオーディションを勝ち抜き、現場の場数を踏んできた子たちです。 大人に囲まれた環境の中で成功するには、現場で騒がない、事前にセリフを覚えてくるなど最低限のルールを守れる真面目さも必要となります。 「子供らしさ」とルールを守る「真面目さ」、この2つをバランス良く伸ばしてください!

3.女の子らしい可愛さを持っている

子役には、男女問わずステレオタイプなビジュアルを求められることが多いです。 もちろん役柄やキャラクターにもよりますが、特に女の子の子役は、たとえ性格が活発でボーイッシュだったとしても、女の子らしい可愛い見た目を求められることが多いでしょう。 髪型は、ショートヘア―よりも、ボブやロングヘア―のポニーテールやツインテール、服装もズボンよりもスカートが無難です。 成人と比べると、顔や体型も男女差が小さいため、男の子は男の子らしい見た目、女の子は女の子らしい見た目でわかりやすくするためもあります。

4.本人の性格と事務所の方向性がマッチしている

どんなに本人が魅力的だったとしても、事務所のカラーとマッチしていなければ、無理が生じてしまうもの。 芸能界に専念したいのか、学業と両立させたいのか、お子さんの希望と適正を見極めて、本人が一番楽しめる環境を周囲の大人が作ってあげましょう。 子役が無理なく楽しんでイキイキと仕事をしている姿が魅力となって、周囲を惹きつけること間違いありません!

人としての魅力が大切!

売れている女の子の子役の共通点を上げましたが、結局何よりも大切なのは、人としての中身です! 素直さ、相手を思いやる優しさなど、売れている子役は、人間的魅力から周囲の人に愛され、応援されています。 応援したい=ファンになるということではないのでしょうか。 もしもお子さんを子役として活躍させたいのなら、見た目や演技力などももちろん大切ですが、何よりも美しい心を持てるように教育することが、現場からもファンからも愛される近道でしょう。