子役オーディションで使える自己PR例文とは

子役オーディションの一つ目の審査は書類審査です。写真を見て、自己PRなどに目を通します。外見は写真を見ればすぐにわかりますが、内面に当たる自己PRは読まなければわかりません。では効果的な自己PRはどのようなものがあるのかについてまとめていきます。

自己PRでは1つの特技に絞り具体的にかつ簡潔にまとめると良い

自己PRは、たくさんのことを書くのではなく、ある一つのことに絞って書くようにしましょう。例えば特技であれば、何ができるかを具体的にアピールします。余り長い文章では「いったい何が言いたいのか?」という疑問を持たれ、インパクトも弱くなります。 短い文章で端的にまとめるよう意識しましょう。 自己PRは志望動機と混同する方も多いようですが、「何ができるのか」という点に絞って書くのがポイントです。 子役オーディションの書類審査の段階では自己PRも重要やアピールポイントの一つであるため、読んでもらえる自己PR文であることを心がけましょう。

志望動機は、所属した後の強みまで具体的に書く

志望動機には、オーディションを受けようと思った理由を書くだけではなく、「採用してくれたら、必ず一緒にいい仕事ができる」とアピールする内容を含めましょう。 将来の目標を明確にし、それを実現するためにこのオーディションに応募したということはっきりしていることが重要です。

面接時の自己PRでは面接官とコミュニケーションをすることを重視する

自己PRは書類審査だけではなくオーディションの面接でも重要項目となります。 子役のオーディションといえども、就職試験の面接と変わりません。 大切なのは、面接官とコミュニケーションを取るということです。アピールポイントをただ機械的に話すだけでは、本当の魅力は伝わらず、質問されていることをよく聞き、自然と会話ができることがポイントです。 また、この時、初対面の相手に対する礼儀などもよく見られています。 子役オーディションではとくに日常生活での様子、親子間のコミュニケーションの影響が大きく表れます。普段から常に子供の礼儀作法について意識をしておくようにしましょう。

質問に元気よくハキハキと答えられるように練習を積んでおくことも必要ですが、準備を完璧に固めるよりも普段の生活から心がけておくことで、面接時に自然と表現できるためお子さんが「自分らしさ」を思い切り発揮できるようになります。

失敗もポジティブに語ると良い。

オーディションに落ちる=魅力がないと思っていませんか。 舞台やCMモデルの子役オーディションの場合「決まったイメージの役があって、それにピッタリ合う人材を探す」作業であるため、落ちて当たり前という覚悟をもっておきましょう。受かる子というのは、選ぶ側が求めるイメージに合った子であり、どんなに可愛くてもイメージが合わなければ落ちてしまいます。

しかし子供にとって不合格はショックな出来事です。間違っても親が子供を責めたりしないように注意してください。重要なのは、何が足りなかったのかを一緒に考え、「求める役柄像のイメージの事前調査が足りなかった」「オーディションに慣れていなかった」など、今後の改善につながる何かが見つかるでしょう。 落選は気づきの場でもあります。失敗をポジティブに捉えることは非常に重要です。

そしてオーディションの時に「何度もオーディションに落ちましたが、そのおかげでいろいろ気づくことができました」とその経験を自己PRの一つとして発揮できれば落選の経験も役立ちます。 よくある失敗例については「子役オーディションでよくある失敗パターンを紹介します」の記事もご覧ください。

 https://kids-audition-antenna.com/columnlist/column09/

常に大きな声で元気良く自己紹介する

子役に求められるのは決して可愛さだけではなく、子供らしく明るく元気な子であることが求められます。オーディションであってものびのびと楽しんでいる子供のほうが受かりやすい傾向にあります。 「どんな状況でも楽しめる」というのは大きなポイントであり、そういう子供のほうが一緒に仕事をしやすい印象を与えます。自己紹介のときは大きな声で元気よく名前を言うことと、笑顔を絶やさないことが大事です。

もちろん演技力も重要ですが、どんな状況でも楽しそうに取り組む子供の方が面接官の目に留まり合格しやすくなります。うまく自己PRすることよりも、人物像を伝えることを意識して自己PRができるよう、この記事を参考にして練習をすると良いでしょう。