劇団四季の子役オーディションに受かるにはどうすればいい?

劇団四季といえば、日本を代表するミュージカル劇団のひとつで「ライオンキング」「CATS」など、世界に名だたる名作を上演しています。 レベルの高いパフォーマンス、完璧に作りこまれた世界観で多くの人々を魅了し「わが子を劇団四季に入団させたい!」と思う親は後を絶ちません。 今回は、劇団四季の子役オーディションを受ける前に知っておきたい大事なポイントを解説します。

劇団四季の子役オーディションを受ける前に、知っておきたい知識を解説!

ただ行き当たりばったりでオーディションを受けたところで、即戦力の実力者でない限り、合格は難しいもの。 さらに、通常のオーディションは将来の可能性を見込んで合否を決めているのに対し、劇団四季はある程度能力のある人を募集しています。なので他のオーディションと比べてかなり競争力が高いでしょう。 ここでは、オーディションを受ける前に、最低限頭に入れておきたい知識をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.劇団四季とは

名前は聞いたことあるものの、劇団四季について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか? 劇団四季は、演者・技術スタッフ・経営スタッフ約1,300名で組織された、世界的に見ても最大規模の演劇集団です。 劇団四季の理念に、ショービジネスは「喜び」を売っているというものがあります。そして、「喜び」と「感動」を日本全国のお客様にお伝えする、そのためにあらゆる努力を尽くすことが劇団四季のメンバーが貫くモラルです。なので自分の事よりも作品のクオリティを第一に考えられる人は劇団四季に向いている俳優と言えるでしょう。

2.必要なスキル

ミュージカルは歌・芝居・ダンスの三拍子がそろって初めて実践力とみなされます。 3つのスキルが一定のレベル以上であることはもちろんですが、その中でも特に自分が得意なものを選んで、長所を伸ばしましょう。例えば、ダンスの得意な方は「ダンスの中でも、タップダンスは誰にも負けない」など、自身の専売特許を確立させてください。いつしか専売特許が個性と見なされる日が来るでしょう。

オーディションで気を付けること

劇団四季について理解をしたら、実際にオーディションを受けてみましょう。オーディションを受ける前に、以下のポイントを覚えておいてください。

・オーディションを楽しむ

審査員は、お子さんの悪いところを探しているわけではありません。これから一緒に素晴らしい舞台を作っていける仲間になれるか、可能性を探っているのです。もしも今回落ちてしまったとしても、何度でも受けられますので、あまりお子さんにプレッシャーを与えず、リラックスしてオーディションを受けさせましょう。ネガティブに心配するよりも「受かったらどの作品に出演したい?」など、常にポジティブな将来を話すのもひとつの方法です。

オーディション合格はあくまで通過点!合格した後を具体的にイメージして。

劇団四季はクオリティの高さで有名ですが、同時に実力主義と、厳しい稽古でも知られています。厳しい環境の中でストイックにスキルを磨き、作品や役と向き合うには相当の覚悟と精神力が必要でしょう。また、何よりも親御さんのサポートが不可欠です。 オーディションを受ける前から覚悟を決めておけば、受かった後の厳しい環境にも耐えられるでしょうし、何より大きなやりがいと成長を得られはずです。お子さんの才能を信じて、ぜひ一緒に頑張ってください!