人気女優・モデル所属のフラームに入るにはどうすればいい?

広末涼子さんや有村架純さん、戸田恵梨香さんなど多くの人気女優が所属してることで知られる芸能事務所のフラーム。女性タレントを専門にしているフラームには毎年多くの応募者がオーディションに殺到しています。 しかし、少人数制で運営しているため合格者が少なく、フラームのオーディション内容は謎に包まれた部分が多いです。 今回は、フラームのオーディション内容や注意点、結果がいつ届くのかについて解説します! ぜひ参考にしてください。

フラームのオーディション内容を解説!

フラームでは書類審査、2次審査、最終審査の順で行われているそうです。それぞれの注意点やポイントについて、まとめました。 事前に対策を練って、少しでも合格へ近づきましょう!

書類審査で気を付けるべきポイントは?

フラームでは随時タレントの募集を行っているため、まずは履歴書を送りましょう。 一般的な履歴書でも問題ありませんが、できれば「Deview」などオーディション情報誌に載っているオーディション専用の履歴書を使うのがおすすめです。

2次審査の演技審査はどのようなもの?

書類審査を通過した人は2次審査に進みます。2次審査では、演技審査や集団面接があると言われています。2次審査は、直接自分を見てもらう大きなチャンスの場になるのでしっかりアピールしましょう。 演技審査では、課題となる台本が書類審査合格の連絡時、もしくは当日に会場で渡される可能性が高いです。どのような場合であっても、柔軟に対応できるようにしておきましょう。

集団面接は自分をアピールする最大のチャンス!

集団面接は、3~5人ほどの応募者と、事務所のスタッフ何人かでの面接の可能性が高いです。面接では、オーディションを受けた動機、フラームで尊敬しているタレントは誰か、自分にしかないアピールポイントなどシンプルな質問をされるでしょう。質問にはなるべくハッキリ答え、分からない質問には素直に「分かりません」と答えましょう。誠実に受け答えをすることが大切です。

いよいよ最終審査! カメラテストが行われます

フラームの最終審査ではカメラテストが行われます。このテストでは、プロのカメラマンが写真撮影。その際のモデルの対応力や撮られている時の姿が重視されます。 カメラマンの指示に素直に従えるか、ポーズや表情の豊富さなどが試されるのでしょう。ぜひリラックスして、身体の力を抜いて臨んでください。

オーディション結果はいつ届く?

フラームでは、書類審査に合格した人のみに、1か月以内に郵送または電話で連絡をしてくれるそうです。審査結果をすぐに知りたい気持ちはわかりますが、事務所に直接問い合わせるのは避けましょう。事務所に問い合わせても、書類審査の合否は一切答えることができないとのことです。 また、2次審査や最終審査は審査される人が書類審査に比べて少ないため、比較的早く連絡が来るはず。1か月以上待っても連絡が来なかった場合は、オーディションに落ちたと考えておくのが無難です。

まずは、最初の一歩を踏み出して!

フラームに所属しているタレントの数から、オーディションに合格して、所属に至るにはかなりの狭き門だと覚悟しておきましょう。 ですが、まずは書類を送らなければ何も始まりません。フラームのオーディションに落ちたとしても、諦めずに色々なオーディションを受けてください!