子役としてドラマに出演する手順を解説!

今までテレビドラマから数々の天才子役が誕生し、スターの仲間入りを果たしました。 大人顔負けの演技で、大人以上の存在感を見せた子役の顔を、みなさんも何人か思い浮かぶのではないでしょうか? 「子供をドラマに出演させたい!」「人気俳優と共演させたい!」と思う親は後を絶ちません。 では、子役としてドラマに出演するには、どうすればいいでしょうか? ここでは、子役としてドラマに出演する手順と、子役として活躍するために必要な知識を解説します!

子役としてドラマに出演するための、大切な3つのポイント!

1.芸能事務所や劇団に所属する

子役としてドラマに出演するための一番の近道は、芸能事務所や劇団に所属することです。 一般公募のオーディションもありますが、ほとんどのオーディションは事務所を対象に行われます。

2.レッスンを受ける

芸能事務所や劇団に所属することで、子役として活躍するためのレッスン(劇団の場合は、稽古といいます)を受け、芝居、発声、歌、ダンスなど芝居に必要な技術を学びます。 中でも、テアトルアカデミーなど人気の子役が所属している大手芸能事務所は、実績のある講師をレッスンに呼んだり、施設がしっかりしていたり、また、所属生の個性や性格に合わせた個別オーディション対策を行うなど、芸能の英才教育を受けることができます。

3.オーディションを受ける

レッスンを受け、必要な知識や技術を身につけた後はオーディションを受けるのみです! よほどの売れっ子や、特別な個性やスキルを持った子役でない限り、直接オファーが来ることはなく、オーディションで配役が決まります。 慣れるためにも、たとえ落ちたとしてもクヨクヨせずに、場数を踏むことが大切です。

オーディションを受ける前に知っておきたい!子役としてテレビドラマで活躍するための大切な3つのポイント

いざテレビドラマのオーディション本番。その前に対策を練っておきたいですよね。合格を目指すため以下3つのポイントを押さえておきましょう。

1.自然な演技力を身につける

作品によっては子供らしい作った演技を求められることもありますが、大きな作品でメインキャストを務めるとなると、自然な媚びない演技を求められることが多いです。 子役としてだけでなく、今後の芸能活動も視野に入れた場合、年を追うごとに自然で高度な演技を求められるでしょう。 レッスンに通い、芝居力を身につけ、いつ抜擢されてもいいように準備をしておくことが大切です。

2.親のサポートが、必要不可欠!

特に小学校低学年までの場合、オーディション時に親も質問をされることがあります。 朝起こして現場に遅れることなく連れて行ったり、健康的なご飯を食べさせたり、子役のマネージメントをしっかりできるか問われるでしょう。 子役の資質も大切ですが、年齢が幼いほど、親のサポートが重要です。

3.ルールを守って行動する

子供らしい奔放さや自由さも大切ですが、特に時間にタイトなドラマの現場では、ルールを守って行動できるかが問われます。 時間に遅れない、セリフをきちんと覚えるなど、現場をスムーズに回すために最低限のルールを守ることが大切です。

あなたのお子さんが、お茶の間の人気者になるかも!?

迷っている間にも、時間は過ぎていきます。 子供のかわいい瞬間を逃さないためにも、「善は急げ」です! お子さんをテレビの中で見かける日もそう遠くはないかもしれません。 ぜひオーディションを受けさせましょう。