ドラマに出演するには、どうすればいい?

テレビをつければ、いつも何かしらのドラマが放映されているものです。 舞台、映画、ウェブドラマと色々なエンターテイメントがありますがテレビドラマは一番身近なエンターテイメントかもしれません。 役者を目指す人なら一度は「ドラマに出演してみたい!」「ドラマで活躍しているあの役者のようになりたい!」と憧れることでしょう。 では、テレビドラマに出演するにはどうすればいいでしょうか? もっともポピュラーな方法は、オーディションに受かることです。 ここでは、テレビドラマオーディションに受かるためのコツをお教えします!

テレビドラマオーディションに受かるためのポイント!

テレビドラマオーディションを受ける前に、以下のポイントを覚えておいてください。

分かりやすく、伝わりやすい演技がテレビドラマでは求められがち

映画館の中で集中して観る映画と比べて、ドラマは家の中の、家族のだんらんや料理の支度中など、何かしら他の作業をしながら見ることも多いため、多くの現場で、リアリティのある演技よりも分かりやすく伝わりやすい芝居を求められます。 また、舞台や映画に比べて1カットの撮影にかける時間も短く、そのため時間をかけて「リアリティのある上手い芝居」を微調整しながら作るよりも、「シーンの目的に合った、外さない芝居」を一発で出せる役者が重宝されることがあります。 もちろん監督やプロデューサー、ドラマの趣旨などにもよるので、作品を上手く見極めることが大切です。

テレビドラマで役は、どうやって決まる? 3つの知識を解説!

ドラマに出演している人たちが、どのような経緯で出演しているかは、意外と知られていないものです。 オーディションを受けて、ドラマに出演したいのなら、自分がどのような経緯で出演することになったのか、知っておいた方がいいでしょう。 ここでは、配役が決まるまでの3つのセクションについて解説します。

1.企画

まず、プロデューサーが中心となり、ドラマのテーマや大まかな流れを決めます。 ここで、どのようなドラマを制作するのかを制作スタッフとともに決定します。 そして、プロット(おおまかなストーリー)もここで決まるため、どのような役者が必要なのかも判断するのです。

2.制作会議

制作会議とは、プロデューサー、脚本家、ディレクター、ADなどで、脚本を実現させるために、具体的な制作プランを練る打ち合わせのことです。 ここで、芸能事務所のプロフィールからオファーを出す役者を選びます。 ドラマは視聴率が命なので、配役は最新の注意を払って行われます。

3.オーディション

制作会議で主なメインキャストが決定した後は、脇役や数シーンしか出演しない役、エキストラなどの配役を決めます。 そこで初めて、事務所に募集をかけたり、公募で出演者を募集したりするのです。

オーディションで選ばれるには制作現場の知識も覚えておくべき!

ドラマオーディションが開催されるまでも、たくさんのスタッフが関わり、多くの時間と費用を費やしています。 ぜひ、これを頭に入れてオーディションに挑んでください! オーディションに呼ばれたことに感謝して、真摯な気持ちでいればきっと周りの人にも伝わるでしょう。 もし選ばれなかったとしても、次に活かす気持ちで、前向きに取り組むことが大切です。