タレントオーディション受ける前に知っておくべきことを教えて!

タレントになりたい! と思ってオーディションを受けようか考えている人も多いはず。 ここでは、タレントオーディション初心者の方のために、オーディションに関する基礎知識をお届けします。

タレントオーディションを受ける前にこれだけは知っておこう!

タレントとは?

まずタレントとはどのような職業を指すのでしょうか? 一般的にタレントとは、アイドル、俳優、歌手、フリーアナウンサーなどテレビに出演している人たちのことを指します。

タレントになるには

タレントになる方法は色々ありますが、最もポピュラーな方法が“オーディションを受ける”ことでしょう。 では、具体的にタレントオーディションではどのようなことをするのでしょうか。

タレントオーディションの流れ

1.書類審査

まずは書類審査を受けます。書類審査において、最も大切なポイントが「自己PR」。自己PRを通じて、審査員に「この人に会ってみたい!」と思わせることができたら、合格は目前です。

2.オーディション当日

書類審査に合格したら、面談を受けます。

面談では主に以下の事柄を行います。

(1)自己紹介

履歴書をもとに自分自身について手短に説明します。

(2)質疑応答

審査員が履歴書と自己紹介を聞きながら、質問しますので、適切な回答をしましょう。

(3)自己PR

自分が得意なこと、好きなことなど他者との違いをアピールします。

(4)パフォーマンス

課題曲のダンスや歌唱、演劇などを行います。

どういった人が合格できる?

タレントオーディションに合格できるのはどんなタイプの人なのでしょうか?

1.自己表現ができている

服装やメイクなどすべての物事を通じて自己表現するようにしてください。 ただ「可愛い」「歌が上手い」だけの人はごまんといます。 さらに光る物がなければ選ばれる人間にはなれません。 そうなるためにも、まず自分の長所やアピールポイント、個性は何かしっかり把握しましょう。 その上で、個性を示すためにはどのような服装を着て、何を話し、どのような行動をすれば良いのか考えるようにしましょう。

2.元気な声でコミュニケーションできる

コミュニケーションはすべての基本です。 まずぼそぼそと話すのはNG。 お笑い芸人など特殊な職種を除いて、基本的には元気なあいさつ、ハキハキとした快活な返事を心がけましょう。

3.マイナスの表現は使わない

質疑応答などつい成り行きで「○○は苦手で……」などと口走ってしまう人がいますが、これはやめましょう。 基本、マイナスの表現を使って良いことはありません。 オーディションの時間は一人数分程度。 その時間を使ってめいっぱい自分をアピールできるかどうかが勝負のカギです。

タレントオーディションに合格するためにも事前に情報収集しておこう!

タレントオーディションは全国から「タレントになりたい!」という志願者が集まってきます。そのため、競争倍率も高く生半可な努力や気持ちではグランプリは獲得できません。
オーディションに合格するには「絶対に勝つぞ!」という意気込みと事前の対策が必要。 インターネットや人脈などを使って、情報を仕入れて、準備万端に整えて本番に臨むようにしましょう。