子役オーディションで審査員の心理をつかむ方法とは

子役オーディションの合格率を上げるためには親としてできる限りのことはやっておきたいと考える方は多いでしょう。子役オーディションで審査に通過する上で、審査員の目に止まることはポイントとなります。ここでは審査員の心理を使うことにフォーカスします。

審査に受かるためには、他人と同じことをするのではなく個性を出すことが大切

オーディションでは顔や体形などの外見も大事です。しかしこれはあくまでも表面上のことで、これだけで審査が通過するほど甘いものではありません。 オーディションを受けている子供が表面ではわからない一面を持っているのか、他の子供と違う個性を持っているのかということを見てもらうことが大切です。 性格(長所)、特技などの内面の部分を大いにアピールし、審査員の印象に残るようにしましょう。また、書類審査の段階でも個性をアピールできるよう、端的にかつ具体的に書き、目に留まる履歴書を書きましょう。 審査に受かるコツについてはこちらの記事もご覧ください。

 /columnlist/column10/

性格的問題について審査員は気付きやすい

子役オーディションには顔や体形などの外見よりも重要なことがあります。 それは、子供の性格です。扱いづらい面倒な子供は不向きと考えられ不合格になる確率が高くなります。 子役は大人の俳優やスタッフの中に入って仕事をするため、「一緒に仕事をしやすい子かどうかは大切なことになります。 審査員は、面接時ドアをあけた瞬間から様々な点をチェックしています。 審査員の心理を掴むために、礼儀正しく明るい性格であることを伝える振る舞ができるよう練習しておきましょう。

オーディションに受かる人の特徴

子役オーディションで受かるには元気でポジティブでいることが大切です。では審査員の心をつかみ、合格しやすくするには具体的にどんなことがあげられるのでしょう。

まず大事な心構えとして、落ちることを心配する前に「どうすれば合格できるか」ということを考え実行することです。 審査員の受け取る印象はポジティブであればあるほどインパクトは大きくなります。ポジティブで明るい子供は周りに勇気を与え歓迎されます。しかし、ポジティブで明るい印象を与えることができるのは面接の時だけに限りません。書類審査の自己PRの文章やプロフィール写真でポジティブな印象を与えることができます。

尋ねられたことにはっきり答えることに慣れておく

先にもあげたように、子役のオーディションで最も気を付けることは「礼儀」です。 入退室の時のお辞儀、椅子に座る時は膝を揃える、話をするときは相手の目を見る、はきはきと答えるという礼儀正し態度は、必ず審査員の目に留まります。緊張するオーディションでも日頃から礼儀を身につけさせておくことで子供も緊張することなくうけられます。

子供自らが芸能活動に興味を持っていることが好ましい

子役の場合、自分から「事務所のオーディションを受けたい」というケースよりも、親の意向で受けるケースのほうが多くあります。 子役を目指す以上、親心としては合格させたいと思いがちですが、大人は早く結果を求めがちで、親の意思を子供に押し付けてしまうことはあまり感心できません。

子役に求められるのは「ルールを守れる子であること」と「子供らしく生き生きとした元気な子であること」です。 もちろん親ができることはたくさんあるのですが、まずは子供自身が芸能活動や演技に興味を持てるように導いてあげる必要があります。 本人が積極的に取り組めるように環境を整えるのが親の役割と考えましょう。

その時にあった子供を探している

審査員はその時の企画に合う子役を探しています。どのようなオーディションか詳細までチェックをしてオーディションに挑み合格を勝ち取ってください。