オーディションに受かるために重要な親の服装について

子役オーディションオーディションでは、付き添いの親もチェックされていることをご存知でしょうか?この記事では、オーディション時に知っておきたい親の服装について解説します。

親のマナーが原因で不合格にされていたというケースも

競争率が高いオーディションに子どもが合格するためには、子ども自身の能力だけではなく親の品格も同等に問われます。合否の結果にとらわれずに子どもの成長を実感することにも価値を見出して子供に過度なプレッシャーをかけずに取り組んでいきましょう。 オーディションには複数種類があり、子役の芸能事務所への入所のオーディション、幼稚園や小学校のお受験の面接、ドラマや映画の子役オーディションなどオーディションは様々です。いずれの場合も子供自身の実力と同等あるいはそれ以上に両親の品格や事務所・学校・役柄に対する考え方もチェックされています。

すでにテレビ出演したことがある子役ですらオーディションに落ち続けることもあるようにオーディションに合格するのは並大抵のことではありません。残念ながら不合格になった時も、結果だけを見て一喜一憂するのではなく、親自身も自省すると同時に、子供に対しては前回のオーディションに比べて改善した点を評価して次につなげるなど、子どもが前向きに取り組みを続けられるようにサポートしてあげる必要があります。

審査員は常に親を確認している

例えば子役オーディションで母親が付き添う場合、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。 審査員は子供の個性や特技などを観察し、合否の判定を行います。しかしここで忘れてはならないのが、「子+親」のセットで観察されているということです。 オーディションの主役はあくまでも子供で、付き添う母親は、その子供が精一杯輝けるよう、引き立てる役であるということをしっかり自覚しましょう。

自己主張の激しい服装は悪印象になることも

「合格したい」という意識からか張り切り屋の母親がついやってしまいがちなのが、母親自身が目立った服装をしてしまうこと。 少しでも他の参加者と差をつけたいという意識が、間違った方向へエスカレートしてしまうパターンです。 しかしあまりに母親が悪目立ちしてしまうと、審査に響くことがあります。 その理由として、あげられるのが自己主張の強い母親は仕事を進める上でもトラブルになりやすいと考える審査員がいるからです。 審査員は、スムーズに仕事を進められるかどうかも判断の基準としています。

そのため。オーディション時はイチオシのタレントを売り込むマネージャーの気分を想像して挑みましょう。 清楚で控えめ、常識のある母親という印象を与えられれば、きっと子供の評価も上がります。 子役オーディションの服装選びのポイントについては、こちらの記事もご覧ください。

 /columnlist/column08/

子役やそのママが普段どのような生活をしているのかブログを確認する

では具体的にはどのような服装をしたらいいのでしょうか。情報収集をする際におすすめなのは、すでに子役として活動をしている子役のブログなどを確認する方法です。 ブロクでは子役タレントやその親が日頃どのようなことをして、何に気をつけているかなどを知ることもできますし、普段の服装をチェックもできます。

子供の夢を叶えるためにサポート役に徹する

ここではオーディション時に重要な親の服装について解説してきました。 子役オーディションに合格した時の子供の笑顔は親としては嬉しいものです。 子供の可能性を最大限広げるために、この記事を参考に服装を意識してください。