親ができる子役オーディションに受かるコツとは

数多くの子供の中からオーディションを勝ち抜くためには、子供本人以外に親のサポートも重要となります。ここでは親ができるオーディションに受かるコツについて紹介します。

自己PRは1つの特技に絞って具体的かつ簡潔に

子役オーディションを受ける際、事前に提出する履歴書があります。その際、自己PRを記入する欄がありますが、合格したいあまりPRしたいことをたくさん書くという方がいます。子供の得意なことをいろいろアピールしたい気持ちはわかりますが、審査員は読みにくい文章は読んでくれません。

審査員の目に止まるようにするには、自己PRの欄にだらだらと長い文章を書くのではなく、一点に絞るのがおすすめです。 その際具体的なエピソードを添え、簡潔にまとめると審査員の興味をひくことができます。実際の面接の時も、審査員が子供にいろいろ話を聞いてみたくなる、そんなエピソードを一つ作っておくと良いでしょう。

指定されたオーディション会場に行く際は余裕を持って行動する

子役オーディション当日は、子供が準備通りの実力を発揮出来るように親がサポートしてあげることが重要です。 そのためには当日の持ち物や、会場へのアクセスを事前にしっかり確認し下見をするなどして当日慌てないようにしましょう。 会場へは開始時間の1時間から30分前に到着するよう心がけてください。 天気や交通機関の状況によっては、オーディションに間に合わなかったということも考えられます。

もし時間ギリギリに駆け込んでしまったら、子供の気持ちが落ちつかず、場に慣れる前にオーディションが始まってしまう可能性もあります。 できるだけ早めに会場に入り、子供の緊張度合いを減らすよう努めてください。 また直前の行動は、今後仕事をする上での審査員の判断基準にもなります。オーディションを受ける時間だけが審査ではないことを意識して行動しましょう。

審査員だけでなく、会場にいるその他のスタッフに対しても誠実に対応しよう

子役オーディションで合格率をアップするために親ができることとして、会場のスタッフにも誠実に対応することがあげられます。 オーディション時は、親子ともに審査員には愛想よく接することを意識するでしょう。しかしこれだけでは十分ではありません。 誰もがやっていることだけでは合格しにくいのがこの世界です。最近の傾向ですが、本番以外で印象の悪い人は不合格となっているという例も実際にあるのです。即ち控室や途中の廊下などでの態度も評価のうちと考え、廊下ですれ違った時にきちんと挨拶ができているか、その他のスタッフにも同じように愛想よく接しているか、といったところに注意が必要です。会場内にいる限り、どこで誰が見ているか分からないと肝に銘じておく必要があります。気を抜くのは会場を出て関係者から完全に離れてからにしましょう。

子供ができることと親ができることを建て分けて考える

オーディションは子供がメインであることは事実です。しかし、子供は一人で判断して行動ができないことから、付き添いの親も一緒に審査対象になっていることを忘れがちな方も多くいます。 オーディションで子供ができることと親ができることは異なりますから、この記事で紹介したことを参考にオーディションを受けてください。あなたの子供の魅力を最大限に引き出すサポート役を意識するのがおすすめです。