子役に多い男の子の髪型とは

子供であれ、オーディションを受ける際、服装はもちろん髪型にも気を使います。男の子の場合はどのような髪型が好まれるのかご存知でしょうか?この記事では、子役に多い男の子の髪型と題して紹介します。

子供らしさが重要。大人をマネする髪型は人気がない

子役オーディションには、ファーストインパクトが大事です。少しでも可愛く見られるよう服装を整え、髪形をきれいにセットします。 しかし、この時に大切なのは「子供らしさ」を表現することです。 現在活躍中の男の子の子役を見てみると、シンプルな髪形がほとんどです。いくらファーストインパクトを与えるためにとは言え、大人の髪形をまねたりするのではなく、その子に似合った子供らしい髪型がおすすめです。

軽く耳にかかる程度のシンプルなヘアスタイルが主流。

大人もそうですが、子役も髪型一つで印象は大きく変わります。 今現在、人気の髪型を把握して、子供の魅力を発揮できるようにしましょう。

では男の子はいったいどんな髪型が主流なのでしょうか。今時の男の子役に人気の髪型は、軽く耳にかかる程度のナチュラルなヘアスタイルが主流です。イメージ通りに仕上がるためには、参考となる子役の写真を持っていくとイメージが伝わりやすくなります。 そして、パート(前髪、耳周り、もみあげ、襟足、トップ)別にどうしてほしいかを細かく説明しましょう。

極端な短髪や長髪、カラーリングはNG

子役タレントにとって、極端な短髪や長髪、明るいカラーリングなど個性的なヘアスタイルはNGです。 オーディションの審査員は、子供らしさを求めています。そのためヘアスタイルには細かなチェックが入ります。 少しでも明るい印象を持ってもらおうとカラーリングをする場合もあるかもしれませんが、おすすめしません。長髪やツーブロック、極端な短髪、長い襟足やパーマは避けましょう。 第一印象が髪型にいくヘアスタイルはNGと考えるとよいでしょう。 子役にはお仕事のオファーが受けやすい、子供らしくシンプルでアレンジがしやすいナチュラルヘアが一番です。

くせ毛もそのままでOK

芸能界では子役の場合、くせ毛でも子供らしさや可愛らしさが表現できていれば気にする必要はありません。逆に天然パーマなどのくせ毛がある方が、キャラクター性があって、評価されることもあります。 その子らしさが出ていれば、あえて、日本人の特徴的な髪質のストレートにする必要はありません。特に、男の子の場合くせ毛があった方が、きれいに美容室で整えられた子供よりもそのままの自由な感じを出した方が、好印象を持たれる場合もあります。あまりコンプレックスを持たずに、そのままを表現しましょう。 くせ毛や天然パーマを気にする方もいますが、特徴のある髪型は、評価の一つになります。自信を持って、くせ毛をアピールしましょう。

きっちりセットした髪型にしない

結婚式などかしこまった席でよく見る男の子のセットした髪はかわいいものです。しかし、子役のオーディションではあまり好ましくありません。先にもあげているように、書類選考時の写真や面接時は、子供の自然な姿を伝えることが重要です。 作り込んだスタイルでは、その子が演じる姿をイメージしにくくなるため合格する確率が低くなります。

オーディションの目的に合わせて髪型を選ぶ

基本的には男の子の髪はシンプルなものがよいのですが、オーディションの内容に合わせて髪型を作るのも効果的です。しかし極端な髪型は基本的に好まれない傾向がありますので注意しながら髪型を選びましょう。