オスカープロモーションの子役オーディション合格の秘訣!

本田望結ちゃんの妹である本田紗来ちゃんが所属していることでも有名なオスカープロモーション。 そんなオスカープロモーションに所属するにはどうすれば良いか? 合格の秘訣をお伝えします。

オスカープロモーションの子役オーディションに応募するには?

オスカープロモーションの子役オーディションに応募する方法をお伝えします。

応募資格

生後3カ月から12歳までで、東京・千葉・神奈川・埼玉エリアに住んでいる人なら応募可能です。 ただし合格後は、オーディションや仕事現場にご両親が付き添ったり、学業と両立したりしなければならないので、その辺の環境が整っていないと、実際にお仕事することはできません。

応募の流れ

1.書類選考

オスカープロモーションの公式サイトに掲載されている履歴書、または市販の履歴書に顔写真と全身写真を添付した上で書類を郵送します。 オスカープロモーション公式SNSサイト「be amie」登録者は、be amieの応募フォームから応募することも可能です。

○合格のポイント

→オスカープロモーションの履歴書には、「特技」「趣味」「自己PR」を記入する欄があるので、それぞれ内容が被らないよう、自分の個性を伝えられる文章を書くようにしましょう。 また市販の履歴書を利用する際は、「志望動機」「芸能界での目標」を書くことが求められるので、これも単純に「俳優になりたい」「歌手になりたい」などではなく、「○○をキッカケに△△という仕事を目指すようになりました。将来は□□さんのような人になって、××をしたいです」といった風に具体的に記入するようにしましょう。 写真はスナップ写真でも構いませんが、顔やプロポーション全体がよく分かるものを選びましょう。

2.オーディション(面接)

書類選考に合格した人のみ面接を受けることができます。当日はカメラテストや面接を行います。
※書類審査は時期によっては結果が出るまで1カ月以上かかることがあります。

○合格のポイント

→面接やカメラテストで好印象を与えたい場合は、まずシンプルな服装を選びましょう。目立つ服装で個性をアピールするのも一つの手ですが、それより面接官は本人のありのままの魅力を発見したいと考えています。お化粧などもNGではありませんが、子供らしさを前面に出したいならばすっぴんのほうがいいです。面接では「なぜ芸能人になりたいのか」「学校と仕事の両立はできそうか」、また保護者同伴の場合は子供が芸能活動することに対してのご両親の意見を求められることが多いです。これらの質問に対しては、あらかじめ回答を考えておき、当日スムーズに受け答えできるよう準備しておきましょう。

オスカープロモーションに合格したい場合は、学業と両立できるかよく考えよう!

オスカープロモーションの面接では、実際に合格したあと学業と仕事を両立できるかなど、環境面についてよく聞かれます。そのため、我が子を本気でタレントや女優にしたいならば、送り迎えや練習相手などどこまで子供のために尽くせるかよく考えてからオーディションを受けさせたほうがいいでしょう。子役業をまっとうするには両親のサポートは欠かせません。自身の生活ががらりと変わることも考慮した上で芸能界の道へと進ませるようにしましょう。