メンタルを強くするにはどうすれば良い?

「緊張して本番になってしまうと実力が発揮できない……」 そんなメンタルの弱さに悩んでいる人も多いのではないでしょうか? では、メンタルを強くするにはどうすれば良いのか? ここでは、メンタルを強化したい人のために必要な知識をお届けします。

メンタルを強くする方法

1.真に受けすぎない

相手の言ったちょっとした一言に傷ついていませんか? メンタルが弱い人は、周囲の発言に翻弄されがち。 相手は大して気に留めていないような一言に、長い間、ずっと悩み続ける傾向にあります。

「どうして自分はこうなんだろう」 そう思い悩んだときは、「相手はちょっと虫の居所が悪かったのかもしれない」「相手の一言に引きずられすぎかもしれない」と思うようにしてください。

同じ言動でも人によって感じ方、受け取り方は違います。 「自分が悪かったかな」と思いすぎないようにしましょう。

2.周囲と比較しない

つい周りと自分を比較してしまい、「あの人はこうなのに、自分は全然ダメだ」と自己否定していませんか? 自分に自信が持てない人は、メンタルが弱い傾向にあります。 メンタルを強くするには、自信を持つことが大事です。
「あの人と比べてココはダメだけど、この分野ならば勝てる」
「自分にはこんな良いところがある」
など自分自身を肯定的に受け入れるようにしましょう。 自分に自信が持てるようになったら、いつしかメンタルも強くなるはずです。

3.生活習慣を見直す

不規則な生活をしている人は心身ともに弱っている傾向が強いです。 特に以下の項目には、注意するようにしましょう。

(1)週2回以上運動をする

週2回以上運動している人は、社会性・知性・運動能力のいずれの項目においても運動しない人よりも優れているという東オンタリオ調査研究所の研究結果があります。 運動して自分の身体を鍛えれば、自分に自信を持つこともできるでしょう。 また運動すると多幸感をもたらす脳内神経伝達物質“エンドルフィン”が分泌され、前向きに行動できるようになります。

(2)睡眠時間を確保する

睡眠もメンタルの強さに大きな影響を与えます。 睡眠は神経活動の副産物である毒性たんぱく質を除去し、思考能力の低下を阻止します。 また睡眠時間が不十分であると、ストレスに耐えにくい身体になってしまいます。

(3)カフェインを摂取しすぎない

カフェインの摂り過ぎはアドレナリンの過剰分泌を促し、合理的な思考を停止させます。 またカフェインを摂取しすぎると、カフェイン中毒になってしまう可能性も。 カフェイン中毒は重症化すると、精神錯乱、妄想、幻聴などの作用を伴うこともあるので注意が必要です。

メンタルを強くするには自分に自信をつけることが大事!

メンタルを強くするための方法は分かりましたか? メンタルを強くする最大の秘訣は“自分に自信を持つこと”。 そのためには、他者に振り回されないことが大事です。 自信をつける方法は色々ありますが、そのひとつが新しいことにどんどんチャレンジすること。 新たなことを学び、小さいながらも目標達成を繰り返していけば、いつか大きな夢も叶うはず。 その積み重ねがあなたに自信を与えることでしょう。