初めての演技レッスンに行く前に、知っておきたい5つのポイント!

TVやスクリーンの、女優さんや俳優さんのイキイキとした演技を見て、お子さんが演技に興味を持ったとしても、最初の一歩をどう踏み出せばいいのかわからない方は多いと思います。そんな方におススメなのが、まずお子さんに演技レッスンを受けさせてみることです。 一概に演技レッスンといっても種類は様々。実際にどんなことが行われているのかを知る機会は、あまりないのではないでしょうか。 ここでは、演技レッスンにはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。

演技レッスンといってもいろいろ! 5つのタイプをご紹介

演技に必要な要素やスキルはたくさんあります。ですが1度のレッスンですべてを磨くのは至難の業。ある能力を伸ばすためにはそれに特化したレッスンに参加しなくてはなりません。ここでは、演技レッスンを大まかに5種類に分けて解説します。

1.感情表現のレッスン

演技に必要な最も大切な要素に「感情や気持ちをコントロールする」という技術があります。日常では出せない感情を解放して、自分自身のふり幅を広げどのような役にも対応できるようにするものです。感情を解放することは、上辺だけの表現ではなく演じている本人自身の心を動かして、リアルな演技をするためにも欠かせない作業となります。

2.身体表現のレッスン

見た目や動きによって、与えられた役になるためにふさわしい表現をするためのレッスンです。ストレッチや筋トレだけではなく、ダンス、パントマイムなどがあります。いくら役になりきって演技ができたところで、演目がミュージカルなのにダンスがきちんと踊れなかったらその演目は台無しになってしまいますよね。

3.発生や滑舌

声も演技に重要な要素のひとつです。舞台では遠くの客席まで届くような大きく響く声、映像では自然かつカメラやマイクで拾いやすい通る声が求められます。レッスンでは発声、早口言葉、声量コントロール、音域を広げるなどのトレーニングをすることが多いです。また、役柄や感情に合わせて声色を変えるための訓練を行うこともあります。

4.台本を使ったレッスン

実際に台本を読んで役を演じるレッスンです。 これはみなさんが想像する演技レッスンに一番近いかもしれません。いきなり台本を手にするというよりも、感情表現、身体表現、発声、滑舌の基礎がしっかりできた上で、初めて台本を渡して演技をさせるカリキュラムを組んでいるところが多いです。 与えられた役の設定、環境だけでなく、他の役との関係性を想像することがとても大切になりますね。また、想像力だけでなく、シーンの意図を読み解く読解力も養います。

5.即興演技(エチュード)

先ほどの台本を使ったレッスンとは異なり、台本を一切使わず、その場で与えられた役、設定に従って行う演技です。相手役との呼吸、観客の反応を見て判断する力など、瞬発力を養います。瞬発力を養うことで本番でのアドリブへの耐性がつきます。

思い立ったが吉日! まずは見学へ行ってみましょう

一概に演技レッスンといっても種類は様々です。まずは基礎をきちん学ぶと、お子さんの強みや弱点が見えてくるかと思います。 なぜ演技レッスンを受けたいと思ったのか、なぜ演技に興味を示したのかを再確認するためにも、まずは一度レッスン見学へ行くことをおすすめします。 初めから上手くできる人はいません。好きこそものの上手なれで、まずは楽しみながら始めることが上達への近道です。