緊張しない方法、または緊張を克服する方法を教えて!

本番への準備は万端! あとはいつも通りの実力を発揮するだけ! そう思っていたのに、突如襲ってきた緊張のせいで、上手くできなかったという経験はありませんか? そんな緊張を克服するまたはそもそも緊張しない方法をお伝えします。

これで本番はバッチリ!緊張しないまたは緊張を克服する方法10選

1.とにかく慣れる

緊張しない最大の対策はとにかく慣れること! 初めてのオーディションは緊張していつも通り振る舞えなかったけれども、経験を重ねていくうちに、何も感じなくなったという人も多いです。 初めての場所、初めての人、初めての経験は誰だって緊張するもの。 何回も挑戦することで、緊張を克服していきましょう。

2.私は絶対大丈夫! という自信を持つ

あなたはどんな時に緊張しますか? 「大丈夫だろうか」「上手くいくだろうか」など不安な時に緊張するのではないでしょうか。 緊張を克服するには、絶対的な自信を持つことが大事。 自信をつけるためにも、入念に練習やリハーサルをして、本番に臨みましょう。

3.緊張しないためのおまじないを見つける

本番前に手のひらに「人」という字を書いて飲み込むと緊張しないというのを聞いたことはありませんか? 科学的根拠はありませんが、このように自分なりの緊張しない方法を見つけるのも効果的です。

4.深呼吸をする

緊張したときはリラックス、リラックス! まずは深呼吸をしてみましょう。 お腹から深く息を吸って、吐いて。 自然と肩の力が緩んできますよ。

5.ストレッチ

緊張しているときはストレッチもおすすめです。 体の硬くなっているところをほぐす間に、自然と緊張も緩んでいきます。

6.声を出してスッキリする

緊張を克服できない人は、誰もいない部屋に行って声を出してみるのも良いでしょう。 思いっきり声を出すことで、脳の緊張状態が緩和されます。

7.笑顔になる

緊張しているときは無理にでも口角を上げて笑うことを心がけてみましょう。 笑顔になると、自然と緊張も緩んできます。

8.失敗してもいいや!と自分を許してあげる

「絶対失敗しちゃいけない」と自分にプレッシャーをかけ続けると、緊張してしまいます。 「今まで頑張ってきたんだから大丈夫!」ぐらいの気持ちで本番に臨みましょう。

9.緊張して当然と考える

周囲のライバルたちを見回してみてください。 みんな表情に緊張感がにじみ出ているでしょう? 緊張してしまったときは「緊張して当然!」と前向きにとらえましょう。

10.心を許している恩師などに声をかけてもらう

家族や恩師などの励ましや声かけによって緊張がほぐれたというのもよく聞きます。 自分一人で緊張を克服する自信がなければ、信頼できる相手に連絡を取ってみましょう。 「○○なら大丈夫!」「僕がついているよ!」 そんな言葉を聞けたら、あなたの緊張も自然と解消されていくはずです。

緊張は誰だってするもの!いざ緊張に悩まされたら色々試してみよう!

緊張を克服する、または緊張しない方法は分かりましたか? 緊張してしまうのは、それだけあなたが真剣に本番に取り組んできたという証。 恥じるのではなく、胸を張ってほしいものです。 緊張がジャマして、実力を発揮できなさそうなときは上記の方法を試してみてください。 きっと神経がほぐれ、自然と緊張が消えていくと思いますよ。