効果的な発声練習の方法を教えて!

大きな声が出せない、声に特徴がある、息が続かない……。 そんな自分の声にコンプレックスを持っている方のために、美声を出せるようになるための発声練習の方法をお伝えします。

あなたの声を変えるのに役立つ発声練習の方法5選

1.ブレス

ブレスとは腹式呼吸のこと。 腹式呼吸とは、お腹の中に空気を入れて出したり引っ込めたりして横隔膜を上下させる呼吸法です。 腹式呼吸のやり方は以下になります。

(1)背筋を伸ばして、鼻からゆっくりと息を吸い込む。この時、丹田(おへその下)に空気をためていくイメージで。
(2)口から息をゆっくり吐き出します。お腹をへこましながら、吸うときの倍ぐらいの時間をかけて息を吐き出しましょう。

上手くできない人は仰向けになって行うと感覚をつかみやすいです。

2.リップロール

リップロールとは唇を閉じた状態で息を吐いて、唇をぶるぶると震わせる練習方法。 ウォーミングアップや喉のストレッチとして使われます。 リップロールをすると、唇や表情筋がリラックスされる、音程を正しくとれる、横隔膜のトレーニングになる、地声から裏声へのチェンジがなめらかに行えるなどの効果があります。

3.ロングトーン

同じ音を伸ばし続ける発声法。 同じ音量、音程、強さで息を吐くことを意識して、できる限り長い時間伸ばし続けます。 少しずつ伸ばす時間を長くしていきましょう。 ロングトーンを続けることで、肺活量が増える、真っ直ぐ伸びやかな声が出る、喉を痛めにくくなるなどの効果があります。

4.音階発声

音階発声はピアノなど単音が出る楽器を使って行う練習法です。 正確に音程を合わせて、できるだけ力強く発声します。 その後は、短い、長い、強い、弱いなど様々なパターンに分けて練習します。 練習する際は、息が途切れない、喉を絞めたまま発声しない、声が震えないようにするなどに気をつけましょう。

5.声出し

声出しではまず「ス」と発声します。 この時の「ス」は日本語の「ス」から母音の「ウ」を取った感じ、英語の「th」に近いです。 この「ス」で1分間、発声し続けます。 立った状態で腹式呼吸を意識しながら「ス! ス! ス!」と1分間言い続けましょう。 「ス」と「ス」の間は大体1秒ぐらいです。
1回の「ス」で肺の中の空気をすべて使い切ります。 そして次の「ス」を言うまでの間に息を吸います。 慣れてきたら「ス」と「ス」の間の時間をどんどん短くしていきましょう。 「ス」が終わったら次は同じことを「ハ」で行います。

発声練習を繰り返せば、必ずあなたの声は良くなるはず!

“声が小さい、かすれ声になってしまう、滑舌が悪いなどの悩みを持っている人はぜひ上記の発声練習を毎日欠かさず行ってください。 良い声は、練習さえ繰り返せば、誰でも手に入れることができます。
声を出すことは健康にも良く、発声することで身体の血の巡りが良くなり、身体全体の機能が活発化します。それに伴い、精神面でも明るくなり、色々な物事に前向きに取り組めるようになるでしょう。 そのような副次的効果も期待して、毎日発声練習することをおすすめします。