アヴィラに合格するためのポイントを教えて!

アヴィラステージは重盛さと美さん、クリス松村さん、ミラクルひかるさんなどが所属する芸能プロダクションです。 俳優・女優、広告や雑誌のモデル、テレビCM、舞台、ミュージカルなど幅広いジャンルで様々な子どもたちが活躍しています。
アヴィラの子役オーディションに合格するには何をすれば良いのか? 合格の秘訣をお伝えします。

アヴィラの子役オーディションの概要とは

アヴィラの子役オーディションについて詳しく見ていきたいと思います。

応募資格

特定の芸能プロダクションに所属していない5~12歳の男女

オーディションの流れ

1.応募

公式サイトの応募フォームよりエントリーすることができます。

☆合格のコツ:応募する前に子供の意志を確認しよう

→「うちの子は大人しい性格だから」「人前でハキハキ話せるようになってほしい」。そんな両親の願望のもと、子役オーディションを受ける子どもは少なくありません。しかしある程度の年齢に達していたら、ぜひお子さんにも「オーディション受けてみたい?」ときちんと確認してください。子役という職業には向き不向きがありますし、強制的にやらされても長続きはしません。両親の思いだけで突き進むのでなく、親子で足並み揃えてオーディションを受けるようにしましょう。

2.受付まで

応募完了後、事務所からオーディションの詳細とプロフィール用紙が郵送されます。届いた書類は必要事項を記入の上、オーディション当日に会場まで持参します。

☆合格のコツ:上手なプロフィールの書き方

→プロフィール用紙には自己PRの記入欄があります。他の子供にはない特技がある場合はもちろん、特別なモノがなくても、好きなモノや夢中になっているモノを書くようにしましょう。親からしてみたら大したことないことでも、審査員の目を引くかもしれません。またキッズオーディションの場合、ご両親が代筆して構いませんが、一言だけで良いので本人にも書かせた方が、本人の熱意や意欲が審査員に伝わりやすいです。

3.審査

審査員との面談を行います。

☆合格のコツ:面談突破のカギは元気な返事!

→アヴィラのキッズオーディションの審査は審査員との面談。審査員との会話を通じて、子供のテレビに出たい!俳優や歌手のお仕事をしてみたい!というやる気を見ていきます。 この時点では、経験やスキルは問われないので安心してください。オーディションでは、礼儀正しさの観点も問われるので、入退室の際はきちんとあいさつをする、名前を呼ばれたら大きな声で返事するなど、基本的なマナーに関しては自宅で練習しておいたほうがいいでしょう。またキッズオーディションは子供だけでなく両親も審査対象になります。もし子供が合格したらどのようにサポートできるか、家庭での教育方針、将来どのような子供に育ってほしいかなど、両親側も質問に対してすらすら答えられるようあらかじめ予行演習をしておいたほうがいいです。

アヴィラのキッズオーディションを突破するには「やる気」と「自分らしさ」が大事!

アヴィラのキッズオーディションでは、審査において子供の「やる気」や「自分らしさ」などを見ていきます。そのため、親に言われて仕方がなく連れてこられた子供は合格の可能性が低くなってしまうかもしれません。「ぜひ我が子をスターに……!」という期待は分かりますが、子供の意志を尊重した上で、オーディションを受けるようにしてくださいね。